マチカネくん 当教育センターは、昭和24年(1949年)4月に前身である豊中市教育研究所として開設され、平成15年(2003年)4月に現在の蛍池駅前に移転、豊中市教育センターと名称変更し、現在に至っております。開設当時、全国に先駆けて教育相談機能を重要視し教育相談室を置いたことは、教育環境の変化、社会状況の変化を見通したものでした。また、この歩みの中で、大阪大学をはじめ各種関係機関と連携し、教育相談、支援教育、教育の情報化、科学教育、教職員の研究推進、教職員研修等に関する各種事業を展開してまいりました。とりわけ、科学教育につきまして、サイエンスカフェやサイエンスフェスティバル等、子どもたちを中心にすえ、体験を重視した市民対象のイベントを実施してまいりました。
 平成24年(2012年)4月 豊中市は中核市となり、教職員の研修権が移譲されたことをうけ、豊能地区3市2町(池田市・豊能町・能勢町・箕面市・豊中市)での研修に加えて、豊中市独自の研修も実施しております。豊中市教育振興計画においては、その基本理念に、「人とつながり未来を拓く『学びの循環都市』をめざして」をかかげています。『学びの循環都市』ということばには、豊中で学んだ子どもたちが成長し、やがては「親」「保護者」あるいは「地域人」として、次代の子どもたちを育んでいくといった、世代を超えて「学び」がつながり、循環していくようにという願いがこめられています。

 平成27年(2015年)4月 豊中市は部局の機構改革を実施いたしました。これまで当教育センターが所管しておりました支援教育・教育相談は、児童生徒に係る担当課を一元化することから、児童生徒課所管となりました。所管は変わりましたが、支援教育・教育相談の執務室はセンターに残っております。

 当教育センターは、教職員の研修および情報教育・科学教育に重点を置いた教育機関として、当市のこどもたちの教育に資するための教職員研修の一層の充実に力を注ぐとともに、学校における情報機器の整備を進め、市民のみなさま対象の講座にも工夫をし、当教育センターが『学びの循環都市』の拠点となるよう充実を図ってまいりますので、よろしくお願いいたします。