非常変災時の処置について

暴風、大雨、地震の発生等に伴う非常変災時の処置につきましては、下記のとおりとしますので、お知らせします。
 なお、非常変災時は、気象条件や震災の程度、児童の状況の違い等により、臨機応変の対処が必要ですので、ご熟読いただき、各家庭におかれましても、適切な対応をよりしくお願いします。

             記

1.暴風・大雨・洪水の警報が発令された場合

①午前7時の時点で、豊中市もしくは、豊中市を含む地域に「暴風警報」「大雨警報(浸水害)」「大雨警報(土砂災害、浸水害)」「洪水警報」のいずれかが発令されている場合には、自宅待機とします。

②午前10時までに解除されたら、解除次第登校させてください。給食は実施しますので、以降の授業は通常通り行います。

③午前10時を過ぎましてもに豊中市もしくは、豊中市を含む地域に「暴風警報」「大雨警報(浸水害)」「大雨警報(土砂災害、浸水害)」「大雨警報」「洪水警報」のいずれかが発令された場合には、臨時休業とします。

④児童が登校した後、豊中市もしくは、豊中市を含む地域に「暴風警報」「大雨警報(浸水害)」「大雨警報(土砂災害、浸水害)」「大雨警報」「洪水警報」のいずれかが発令された場合は、災害の状況や気象情報等に留意しながら、集団下校、学校で待機させる等の処置を講じます。状況により、保護者に個別に迎えに来て頂く場合もあります。

2.地震が発生した場合

 ①登校前に、豊中市に震度5以上の地震があった場合は、臨時休業とします。なお、震度5未満であっても、一定の被害があったり登校させることが危険であると判断されたら、登校を見合わせ、ご家庭に置いて児童の保護をお願いします。

②登校後、地震が発生した場合は、児童の安全確保に努める一方、被害状況の把握や安全点検を行い、下校させたり学校で待機させる等の処置を講じます。下校させることが危険だと判断される場合は、しばらく児童を学校でお預かりし、後に、保護者に連れて帰っていただきます。
 なお、給食の中止等により、下校させる場合も考えられますので、緊急時の対応をお願いします。

 3.その他

 

 

 

 

 

①その他の予期せぬ災害、異常事態が生じた場合は、児童の安全確保を第一といして対処します。各家庭におかれましても、同様の基本姿勢で対応をお願いします。

②非常変災時に安全確保の観点から、保護者の判断で児童を登校させなかった場合は、「出席停止扱い」とします。

③非常変災時には電話による問い合わせが数多くあり、そのすべてに対応できない場合があります。あらかじめご承知おきください。