夜間学級の目的

義務教育の年齢を超過している人で、中学校を卒業していない人、または実質的に十分な教育を受けられないまま中学校を卒業した人のうち、希望する人に、夜間学級において中学校教育を行うことを目的とする。

夜間中学校の存在意義

1)義務教育を終えることができなかった人に義務教育を行う場
2)教育関係者や市民が学ぶ場
3)昼の生徒が学ぶ場
4)国際化の最前線、多文化共生の実践の場

 


夜間学級の歴史

1947年

大阪生野区第二中学校に夕間学級(現・勝山中学校)

1954年 全国で87校に
1955年 全国で5208名の生徒
1966年 行政管理庁が夜間学校早期廃止勧告
1968年 在籍416名(最少)
1969年 全国で20校(最少)
1969年5月 岸城中学校(岸和田市)夜間学級公認
1970年

菅南中学校(現・天満中)

1972年

長栄中(東大阪市)、八尾中(八尾市)

殿馬場中(堺市)

1973年 文の里中(大阪市)、守口三中(現・守口さつき学園)
1975年

豊中四中(豊中市)

1976年 昭和中(大阪市)
1993年

太平寺分教室(東大阪市)→2001年4月独立(現・布施中)

現在全国で31校 1860名が学んでいます。(2016年9月現在)