国際教育へのあゆみ

 本校は昭和42年(1967年)に「帰国子女教育研究協力校」に指定を受けて以来、海外に長期在留後帰国してくる児童の受け入れ校として、研究指定の名称は変わっても長年にわたり研究を重ねてきた。当初は世界中で5,000人前後であった義務教育段階の児童生徒の海外滞在も、いまや60,000人前後と大幅に増え、帰国児童教育に期待されるものも大きく変わってきた。

 日本人学校や補習校が充実する一方、現地での誕生や幼児期からの海外生活等の理由から、滞在の長期化や日本の学校経験が全くない児童の増加が目立ってきた。また、国際結婚の増加に伴い、思考言語が日本語でない児童も増えている。個々の児童のニーズに応じたきめ細かな指導が必要になると共に、国際社会で活躍できる人材の育成が求められている。

 そこで、平成18年(2006年)に文部科学省の「国際教育推進プラン」指定を豊中市が受けたことから、本校はその中核校として国際教育推進に取り組むことになった。帰国児童教育に取り組みつつ、「国際社会において、地球視野に立って、主体的に行動するために必要と考えられる態度・能力の基礎を育成するための教育」に歩をすすめている。

 

帰国・外国人児童教育の取り組み

① ねらい

 1. 学校生活における不安の早期発見につとめ、情緒の安定をはかる。

 2. 生活面、学習面のつまずきを把握し、その指導の充実をはかる。

 3. 見学したり、体験したりすることにより、日本の文化や生活に親しませる。

 4. 帰国児童の海外での生活体験を生かすとともに、全校児童の国際理解教育を深める。

 5. 保護者への啓発をはかる。  

② 指導について

 

1.学習時間における指導

(入り込み指導)

 帰国・外国人児童が在籍するクラスヘ日本語指導・帰国担当者が行き、帰国・外国人児童の指導をする。入り込み指導は、主として助言という形で行う。内容は日本の学習方法や語彙・漢字の読み書きの説明、算数などが中心。

 2.学習時間における指導

(抽出指導)

 帰国・外国人児童が「あいあいルーム」(通称)へ行き、学習をする。学習内容は日本語、日本の教科の未学習領域をはじめ、基礎基本の学習から発展学習まで児童に合わせて行う。

3.課外時における指導

(放課後学習)

 児童の実態に応じて学級指導終了後の放課後、週3回、「あいあいルーム」(通称)で実施する。実施回数は相談の上、決定する。

 主に、算数、国語(漢字、文法など)、社会、音楽(鍵盤ハーモニカ、リコーダー)などの未学習部分の補修や不得意分野の学習を行う。特に、日本語指導の必要な児童については、適宜、個別指導を行う。

 

 

各学年の国際教育の取り組み 

 

 

1年 だいすき

 にほんのおはなし・うた・あそび

2年 知りたいな 知らせたいな 

         世界のこと

3年 知ろう! 世界の遊び

  ・音楽・スポーツ!

 日本の昔話やことば、伝統的な風習や事を

  体験させることにより、自国の理解図りまし

  た。日本に、一番近い韓国の生活や昔話を聞い

  たり、ワールドミュージアムでほかの国の様子

  や、日本との違いを知り、国際的視野を広げて

  いきました。

 ゲストティーチャーや帰国保護者会の皆

   さんに、いろいろな国(メキシコ・アメ

   リカ・シンガポール・オーストラリア・

   中国など)の話を聞きました聞き取っ

  たことや調べたことをもとに学習して

  かったことをまとめ、学年発表会で発表

  しました。

 「世界の音楽・遊び・スポーツ」をテーマ

    に、調べたことや学んだことを学年発表会

    で発表しました。ワールドミュージアムで

    は、学年発表会に向けての取り組みを通し

    て、ロシア・オーストラリア・イギリス・

   中国・アメリカについて学んだことや考え

   たことを各クラスでまとめて、掲示しまし

   た。

     

 4年

広げよう!エコライフ

 5年

生命を支える食

 6年

見つめよう日本 広げよう世界へ

  「広げよう!エコライフ」をテーマに環境学

   習をすすめてきました。1学期にはクリーン

   ランドや原田下水処理場へ見学に行き、水や

   ゴミについて学習してきました。グループで

   模造紙にまとめ、掲示しました。また、ゴー

   ヤを育て、みどりのカーテン」作りにも

   取り組みました。

  バケツ稲を育て、食物を育てる喜び

や難しさを学びました。2学期は、世

界の食糧問題についてテーマを設定し、

調べたり、考えたりしたことを学年発

表会で発信しました。

 「見つめよう日本」の取り組みでは、修学旅

  行や調べ学習を通して、戦争や核兵器がもた

  らす悲惨さを感じ取ることができました。

  「広げよう世界へ」の取り組みでは、「世界

  の子どもたちは 今」というテーマで、調べ

  学習を行い、健衛生」や「児童労働」な

  どの界の子どもたちを取り巻く諸問への

  関心を高め、解決への道すについて考えま

  した。

     

 

                          うえのワールドミュージアム 

テーマ 「世界のことを知ろう、楽しもう」 (1~3年)

    「世界のことを知ろう、考えよう」 (4~6年)

ねらい ・世界のいろいろな国について知り、生活習慣や文化などに興味、関心を持つ。

    ・全学年の「国際教育」の取り組みを知る機会とする。

期 間 2019年1月18日(金)~1月25日(金)

     (一般公開日は1月25日(金)5時間目)

場 所 多目的教室

展示品

※帰国保護者が在留国から持ち帰られた学用品・写真・玩具・民族衣装・民芸品など。(見るだけでなく、触れることができるもの)や、保護者・教職員が持ち帰った民芸品など。

※今年度の各学年で取り組んできた聞き取り学習や体験学習、さらに、発展学習(調べる・伝える)の様子などをまとめたもの。

活動内容

①帰国保護者会から「世界の食」をテーマにしたクイズが出題され、楽しみながら外国のことを学ぶ。

②世界の国々から集められた展示品の鑑賞

③まとめ(感想など)

*1年のみ民族衣装試着体験

*5年のみチャング体験

   

子どもの感想 

○(1年生)

 かんこくのふくがきれいでした。チョコレートのかたちが日本といっしょでした。たべたことがあるおかしもあって、うれしかったです。

○(2年生)

 ドリアンのにおいはさいしょはくさかったけど、その後あまいにおいになりました。電車とかに、もちこみきんしと聞いて、びっくりしました。

○(3年生)

 アメリカのコーラでかぜがなおることや、中国はおおみそかにぎょうざを食べることをはじめて知りました。ロシアのかぶが黄色いのにおどろきました。

○(4年生)

 私が印象に残ったのは、タイの「きね」と「うす」です。スパイスから自分で作ると知り、とてもおどろきました。パスポートがあったので、まるで旅行に行ったようでした。

○(5年生)

 コーナーごとにクイズがあったおかげでいろいろなことを知ることができました。。4Lの牛乳の容器はとても大きくて重たかったです。日本になじみのある食べ物もあり、カップヌードルやポッキーなど、日本の商品は海をこえても売れているということがよくわかりました。

○(6年生)

 無料で炭酸水を飲めるところがあると知って、とてもおどろきました。お金にバトミントンやホッケーなど、スポーツの絵が描かれてあったので、すごいと思いました。クリスマスの24日前から開けて、おかしを食べていくのはとても楽しそうだなと思いました。6年間、ワールドミュージアムを見て、毎年違うのでとても良かったです。