非常変災害時の措置について                

 

1.    豊中市に「暴風特別警報」「大雨特別警報」及び「暴風警報」「大雨警報」「洪水警報」のいずれかが発令した場合

【児童の登校前に発令】

①     午前7時 ~ 午前10時までの間において発令中の場合は、自宅で待機し、解除しだい登校させてください。なお、午前10時までに解除の場合は、給食が提供されますので、登校後は平常に準じて授業を行います。

②     午前10時を過ぎても、上記特別警報および警報が発令中の場合は、臨時休校といたします。

【児童の登校後に発令】

気象状況、校区状況に留意しながら、市教育委員会と協議の上、教育活動を停止せざるを得ないと判断した際には、「集団下校」を行うか「学校待機」を決定し適切な対応措置を講じます。下校方法、迎えのお願いなど、必要に応じて「学校連絡メール」や「文書」で連絡いたします。

 

2.  豊中市に「震度5弱以上」の地震発生の場合

【児童の登校前に地震発生】

臨時休業といたします。この場合、可能な限り、児童・家族の安否、被害の状況等を学校までご連絡ください。

なお、震度5弱未満であっても、一定の被害が発生した場合には、保護者において自宅待機させるかどうか判断してください。この場合の欠席等の扱いについては柔軟に対応いたします。

【児童の登校後に地震発生】

児童を校庭等安全な場所に避難させ、通学路の安全確保の後、市教育委員会と協議の上、教育活動を停止せざるを得ないと判断した際には、「集団下校」を行うか「学校待機」を決定し適切な対応措置を講じます。下校方法、迎えのお願いなど、必要に応じて「学校連絡メール」や「文書」で連絡いたします。

 

※  安全のために常に複数下校を指導しています。状況に応じて下記のような下校方法で安全確保をいたします。

 ① 通常の下校

 ② 学年での集団下校(学年で地域別下校)

 ③ 一斉集団下校(登校班で下校)

 ④ 緊急下校(登校班で確認後、保護者の迎えとともに下校)

※    夜間など非常事態(生命にかかわるなど)が発生した場合、学校に連絡いただくと<留守番電話>にて警備会社の連絡先案内が流れます。警備会社に連絡いただくと学校職員と連絡がとれるようになっています。

 

 「なかよし」(放課後こどもクラブ)ご利用の保護者の皆様へ

「なかよし」(放課後こどもクラブ)の保護者は、なかよし学級より示された非常変災時における対応方法「放課後こどもクラブからのお願いとお知らせ」に従って、対応をお願いします。

原則として、学校が「臨時休業」の際は「なかよし」は開設されません。ただし、児童の登校後に「暴風特別警報」「暴風警報」の発令及び震度5弱以上の地震発生時を除いては、他警報が発令中でも「なかよし」は開設されます。学校が集団下校を講じる際には、集団下校で一緒に下校するかなど下校方法をあらかじめ「なかよし」とご確認をお願いします。

平成28年(2016年)5月11日改訂