非常変災時の対応について

A「豊中市」に【暴風警報】【大雨警報(浸水害)】【大雨警報(土砂災害・浸水害)】

  【洪水警報】【暴風特別警報】【大雨特別警報】のいずれかの警報が発令された場合

①午前7時以降から午前10時の間に発令されている場合

 ⇒ 自宅待機

②午前10時までに解除された場合 

 ⇒ 安全に気をつけ速やかに登校。通常授業(給食あり)

③午前10時を過ぎても発令中の場合

 ⇒ 臨時休業

④登校後に警報が発令された場合 

 ⇒ 気象情報、校区の状況を考慮し、「学校待機」、「集団下校」、「保護者か保護者の許可を得た代理の方の迎え」等の   

   措置を講じます。対応については学校連絡メールでお伝えします。 

B 地震が発生した場合

①登校前に「豊中市」に震度5以上の地震が発生した場合 

 ⇒ 臨時休業

②震度5未満であっても校区内に被害が発生し、登校は危険と保護者が判断された場合 

 ⇒ 自宅待機(出席停止扱い)

③登校後に地震が発生した場合 

 ⇒ 校区の状況を考慮し「集団下校」、「保護者か保護者の許可を得た代理の方の迎え」等の措置を講じます。

   対応については学校連絡メールでお伝えします。 

C 防犯上安全確保が必要な場合

①警察及び教育委員会等関係機関より児童の安全確保を必要とする指示があった場合

  ⇒ 事件の発生場所・内容等を考慮し「集団下校」、「保護者か保護者の許可を得た代理の方の迎え」等の

    措置を講じます。対応については学校連絡メールでお伝えします。

D その他

①予期せぬ災害、例をみない事態が生じた場合は、児童の安全確保を第一に対処しますのでご協力よろしくお願いします。

②非常変災時の児童対応に支障が生じますので、電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

③地震発生時に自宅待機をする場合には、クラス・児童名・けがの有無をメールでご連絡ください。

 (メールアドレス:ohike@tss.toyonaka-osa.ed.jp

④登校後、千里川の氾濫が予想される場合は、学校待機を基本とします。

⑤学校連絡メールの登録と受信確認を必ずお願いします。

⑥豊中市に出ている警報や注意報を知る場合には下記のページをご参照ください。

 気象庁のホームページ・NHKデータ放送・豊中市ホームページ

 豊中市教育センター>豊中市の気象警報・注意報を知る方法

 (http://www.toyonaka-osa.ed.jp/educ/index.cfm/1,1236,22,html)

⑦非常時の下校について

 状況により下記の種類の方法で下校します

 A:グループ下校(学級又は学年の近隣の子どもと下校)

 B:学年集団下校(学年ごとに地区別に下校)

 C:集団下校(全学年が同時刻に地区別に下校)