本校は、昭和50年(1975年)豊中市の第35番目の小学校として開校し、本年度で創立46年目となります。緑に囲まれた北条の地には、白サギが優雅に舞う姿がみられたことから、校章には白サギが大空を飛翔する姿が描かれており、子どもたちの夢を託し、無限の可能性へ向かって大きく高く羽ばたくようにとの願いがこめられています。

 少子化の中児童数は年々増加傾向にあり、本年度は109名の新入生を加え児童数636名で新年度  をスタートします。時間を守ることができ、きちんと話を聞くことができる北条っ子の伝統は連綿と引き継がれており、温厚で思いやりが深い児童の活躍で校内は温かい優しさで包まれています。

新学習指導要領が本格実施となる今年度は、学習指導要領改訂の趣旨とともに本校児童の実態を踏まえ新たに設定した「自信を持ち、最後まであきらめずにやりぬける『芯』のある子ども」という「めざす子ども像」に向け、保護者・地域の方々と連携を深めながら教職員一丸となって教育・研究活動に勤しんでまいりたいと考えております。

本校教育活動の充実のため、引き続き、皆さま方のご理解・ご支援をよろしくお願いいたします。

校長  山本 惠信