本校は、昭和50年(1975年)豊中市の第35番目の小学校として開校し、本年度で創立45年目となります。少子化の中児童数は年々増加傾向にあり、本年度は96名の新入生を加え児童数624名で新年度をスタートしました。どの児童も温厚で、思いやりが深く、校内は温かい優しさで包まれています。

緑に囲まれた北条の地には、白サギが優雅に舞う姿がみられたことから、校章には白サギが大空を飛翔する姿が描かれており、子どもたちの夢を託し、無限の可能性へ向かって大きく高く羽ばたくようにとの願いがこめられています。

緑豊かな恵まれた教育環境とともに、「地域の子どもは地域で育む」という高い意識を持たれた保護者、地域の皆さま方のご理解・ご協力のもと、「自ら学び、考える子」「明るく、思いやりのある子」「健康で、たくましい子」というめざす子ども像にむけ、熱心な教育活動を展開することができております。

今年度におきましても、これまで培われてきた良き校風を守りながら、ひとり一人の子どもが自らの可能性を伸ばし、未来を切り拓く力をつけていけるように、教職員一同、北条小学校の教育の充実・発展に邁進してまいりたいと考えております。本校教育活動の充実のため、引き続き、皆さま方のご理解・ご支援をよろしくお願いいたします。

校長  山本 惠信