A.暴風・大雨・洪水等の警報が発表された場合    *平成31年(2019年)1月に一部見直しがされました)

 ①午前7時の時点で、豊中市もしくは豊中市を含む
  地域に「暴風警報」「大雨警報(浸水害)」「大雨警報(土砂災害、浸水害)」「洪水警報」「暴風特別警報」

 「大雨特別警報」のいずれかが発表されている場合は、自宅待機とします。

 ②午前10時までに解除されたら、登校させてください。 

 ③午前10時を過ぎても、豊中市もしくは豊中市を含む
  地域に「暴風警報」「大雨警報(浸水害)」「大雨警報(土砂災害、浸水害)」「洪水警報」「暴風特別警報」

 「大雨特別警報」のいずれかが発表されている場合は臨時休業とします。

 ④生徒が登校した後、豊中市もしくは豊中市を含む
  地域に「暴風警報」「大雨警報(浸水害)」「大雨警報(土砂災害、浸水害)」「洪水警報」「暴風特別警報」

 「大雨特別警報」の  いずれかが発表された場合は、校区の状況や気象情報等を参考に下校させたり、

  学校で待機させたり等の措置を講じます。


B.地震が発生した場合

   ①登校前に、豊中市に震度5弱以上の地震が発生した場合は、臨時休業とします。
  
なお、震度5未満であっても、一定の被害があったり、
  登校させることが危険であると判断されたら、登校を見合わせ、ご家庭において待機させてください。

 ②登校後、地震が発生した場合は、生徒の安全確保に努めるとともに、被害状況の把握や安全点検を行い、
  下校させたり、学校で待機させたり等の措置を講じます。
  
C.その他

 ①その他、予期せぬ災害、異常事態が生じた場合は、生徒の安全確保を第一として対処します。
  
各ご家庭におかれても、同様に対応をお願いします。

 ②非常変災時に安全確保の観点から、保護者の判断で生徒を登校させなかった場合は、「出席停止」扱い
  とします。

 ③非常変災時には、学校連絡メールにて連絡いたします。

 ④非常変災時には、電話による問い合わせが殺到しますので、全てに対応できない場合があります。

 ⑤学校連絡メールに登録してくださいますようお願いします。