外国語研修(2011年度)

 7月26日に、同志社女子大学の若本教授を講師に迎え、教職員を対象とした外国語研修を行いました。15中校区の小中学校が集まって、それぞれの学校の外国語の授業のDVDを見ながら交流をしました。その後の話し合いで、中学校の英語の授業に抵抗なく取り組めるよう、小学校では英語の楽しさを子どもたちに知ってもらうことが大切だという意見が出ました。

 その後、若本教授から小学校の外国語活動や中学校の英語を通してのコミュニケーション力の育成についてお話をいただきました。これからも楽しく充実した外国語の授業ができるよう、研究を重ねていきたいと思います。