今日の6時間目は、豊中市原爆被害者の会の高橋さんと伊達さん

を講師としてお招きし、平和について考えました。

感染防止のため、体育館に3年生が集まり、1・2年生はリモートで

教室でお話を聞きました。

講師の伊達さんが、ご自分が長崎で被爆した体験を生徒に語りました。

最後には、生徒のみなさんへの願いとして

「広島が最初、長崎が最後の被爆となるよう願っています。」

「平和で、だれもが安心してすごせる世界にしてください。」

「友だちを大切にしてください。」と話されました。

戦争から75年がたち、平和が当たり前の中ですごしている私たちですが

世界では、戦争中の地域もあります。

さまざまな事柄を、他人事とせず、私たちに何ができるか、

そして何をすべきか、考える時間になればいいなあと思います。

 

学年だよりに生徒の意見や感想をのせていますので、ご家庭でも

平和について話し合ってみてください。