9月27日から10月15日まで、豊中市立文化芸術センターにおいて「Love Stone Project」-Toyonaka「冨長敦也つながる彫刻展」が開催されています。 

本校で美術を教えながら彫刻家としても活動されている冨長敦也先生が、日本全国や世界各地で磨いてきたハート型の石(ラヴ・ストーン)を集めた豊中市主催の展覧会です。 

左の 大きな石は、2・3年生の人は見覚えあると思いますが、今年の2月、3月に七中の体育館前でみんなが磨いた石です。その後、あちこちでいろんな人によってさらに磨かれ、ピカピカになって会場に展示されています。関わった人々の心のつながりが感じられる作品です。

曽根にある文化芸術センターで今月15日まで(入場無料、11:00から19:00まで10日は休館日) 開催されていますので、ぜひ一度お運びください。芸術の秋を味わうことができますよ。