昨日(6月26日)3年生を対象に4時間目に健康教育を行いました。内容は「がん」の予防についてです。講師は市立豊中病院のがん診療統括センター長をされている今村博司先生でした。

医療の最前線でがん治療に取り組んでおられる医師から「がん」に関する貴重なお話を伺うことができました。

日本人の死亡原因の第1位が「がん」であり、がんになりにくい生活習慣を心がけるとともに、早期に発見するためにがん検診を受けることの大切さをお話されました。がんで大切な命を失わないようあらためて予防に努めたいと思いました。

当日の資料は生徒が持ち帰っていますので、ご家庭でも一度ご覧ください。

七中では本物と出会うことを通じて子どもたちの感性を揺さぶることを目標に、各界の専門家から話を聞き学ぶ機会を設けています。