3月14日、第54回の卒業式を行いました。多くのご来賓、保護者、ご家族の皆様に見守られる中、54期生118名が七中を巣立っていきました。

54期生一人ひとりに卒業証書を手渡しました。
ご来賓や保護者、ご家族の皆様、1・2年生全員が54期生の新たな旅立ちをお祝いしました。
校長式辞のあと、教育委員会やご来賓の方々、PTAより記念品や花束の贈呈がありました。
在校生を代表して2年生の2名による送辞です。卒業生に対する感謝の言葉が綴られていました。

卒業生代表4名による答辞です。3年間の思いが込められた素晴らしい内容でした。54期生は特に部活動や生徒会活動で下級生をリードしてくれました。

在校生から卒業生に対して送別の歌「流れゆく雲を見つめて」のプレゼントです。明日からは君たちが七中を引っ張っていってください。 

「つながり」を大切に3年間仲間と一緒に生活した七中とも今日でお別れです。

最後に、卒業生が万感の思いを込めて、卒業の歌「友 ~旅立ちの時~」を披露しました。 

54期生の皆さん、卒業おめでとう。式辞でも述べましたが、困難な状況の中にあっても、決して逃げずに正面から向き合い、謙虚に頑張る姿勢を忘れず持ち続けてください。卒業生の皆さんがそれぞれの進路先で自分らしく生き、活躍されることを心より祈っています。