1月24日から1月30日までは、全国学校給食週間だそうです。

わが国の学校給食は明治22年に山形県鶴岡市の小学校で始まり、その後全国に広がっていったそうです。

学校給食週間に合わせて職員室前の廊下には学校給食の変遷を示す食品サンプルが展示されています。

日本で初めての給食や戦後まもないころの給食など、時代により中身がずいぶん違っていることがわかります。

明治22年のころの給食は、おにぎりと塩鮭、菜の漬物という質素なものでしたが、その後、パンや牛乳がメニューに追加されるなど徐々に改良が加えられ、栄養価に富んだ現在のメニューに進化していきます。
 

併せて日本の郷土料理や外国の給食メニューの紹介などもポスターで掲示しています。

食育の一貫として、栄養教諭の常石先生が作成してくれました。通りがかった生徒たちも足を止め興味深げに眺めていました。