昨年5月から2年生が取り組んできた七中ファーム。11月に収穫したさつまいもは倉庫で永らく保管されていましたが、今週、ようやく家庭科の調理実習の材料として使われることになりました。作るのはスイートポテトです。

七中ファームで栽培したさつまいもには残念ながら不良品も混じっていて、材料が不足するため市販のさつまいもを買い足して実習に臨みました。栄養教諭の常石先生のアドバイスも受けながら、スイートポテト作りに挑戦です。自分たちで畑を耕し、苗を植え付け、成長を見守り、収穫したさつまいもですから、普段と少し違った特別な味がしたのではないでしょうか。栽培することの楽しさやしんどさ、難しさ、収穫したときの達成感、七中ファームを通じてものをつくる喜びを体験するとともに、農家の人の大変さや苦労も実感できたのではないでしょうか?2年生にとっては貴重な経験になったことと思います。七中ファームは新しいキャリア教育の取組みとして、次年度以降も継続して2年生で取り組んでいきたいと考えています。