本日、1年生は救命救急講習を受けました。豊中南消防署から消防士の方を講師にお招きし、みっちり2時間救命救急の基礎を学びました。

まずは人形を使って、心肺蘇生法の実地訓練です。周りの安全確認、周囲の人への応援要請、意識の確認、心臓マッサージへと、実際の人命救助の場面を想定した実践的な訓練でした。

同時にAEDの使い方についても学びました。AEDを触った経験のない生徒がほとんどなので、貴重な体験となりました。救急車が到着するまでの間にどれだけの救命措置ができるかが、命を救う鍵になっています。実際そういった場面に遭遇したときに、中学生でも自信をもって対応して欲しいものです。