7月の地区代表決定戦を見事に勝ち上がった野球部が、8月4日(木)に大阪中学校優勝野球大会の中央大会に臨みました。

会場は東大阪の花園中央公園野球場、1回戦の相手は八尾市立八尾中学校です。 

67回を数える伝統ある大会で、中学校の準硬式野球部にとっては甲子園に当たる花園中央公園野球場が大会会場です。

同じ会場で7月には高校野球の大阪予選が行われ、PL学園が最後の試合をしたのもこの会場です。大きなスタンドと外野の芝生が美しい立派な球場です。

試合は、序盤から両エースの力投で投手戦の様相でしたが、4回に七中打線が相手の好投手をとらえ2点を先制します。

その後、1点返されるものの、5回には打線がつながり3点を追加します。

エースの杉君が7回を2安打1失点に押さえる好投を見せ、6対1で勝利です。

試合終了のあいさつの後は、ホーム付近に整列して高らかに校歌斉唱です。

「声あぐわ~れ~ら、 胸はるわ~れ~ら~」同時にスコアボードの左端に校旗が掲げられ、感動の瞬間です。

その後、七中は8月7日(日)に2回戦で八尾市立曙川南中学校にも勝利し、ベスト8進出です。

本日(8日)ベスト4をかけて、同志社香里中学校と対戦します。

頑張れ七中!めざせ大阪一!