たなばたの ささかざりを つくりました。せいと ひとりひとりが たんざくに ねがいごとや もくひょうを かいて かざりました。

 こくごの じかんに、それぞれの こうすで 、たんざくに じぶんのゆめや せかいのへいわ、かぞくの けんこうや しあわせなどを じぶんで かんがえて かきました。おぼえたばかりの ひらがなで かいたひとも います。

 おんがくの じかんには、「たなばたさま」のうたを うたいました。

 たのしい ぎょうじが、 きょうかの がくしゅうに つながって いきます。たなばたのささかざりのしゃしん