5がつ19にち(にちようび)、きんき やかん ちゅうがっこう しんにゅうせい かんげいしゅうかいが ありました。きんき にある 18こうの やかん がっきゅうから やく500にんが ならけん てんり しみんかいかんに あつまり、このはるに にゅうがくした せいとを かんげいしました。かくこうの せいとが ぶたいで はっぴょうを しました。よんちゅうやかん からは、しんにゅうせいが じこしょうかいを したあと、「よんちゅうやかんのうた」を ぜんいんで うたいました。せいとかい そうかいでは よんちゅうやかんからも いけんはっぴょうを しました。

 ごごからは、てんりさんこうかんを けんがくし、にほんや せかいの せいかつぶんか について まなびました。てんじぶつを みながら、ふるさとの はなしも きけました。