■ 密集を避けた取組み   オンラインで 始業式 着任式

ようやく6月15日、通常登校がはじまりました。             

今年度、教室に全員が揃ったのは初めて。                

子どもたちの表情にも安堵感が感じられました。

早速、始業式を各教室の大型テレビ画面を通して行い、

続いて今年度から着任した教職員の紹介とあいさつがありました。

どの教室も一生懸命画面に向って聞き入っており、話し終わると、

一斉に拍手を送ってくれていました。                       

体育館などで大勢が集まっての活動は、まだしばらくの間は

できそうにありませんが、子どもたちも受け入れてくれています。             

■ より安全に過ごせる力をつけていく取組み

学校生活では、距離の確保、マスクの着用、手洗いや手指の消毒など、

ご家庭の協力をいただきながら、子どもたちの感染拡大予防の行動も           

定着してきました。さらに、子どもたちが自ら考えて、

より安全に過ごすことができる力をつけていくために、

給食の配膳や雑巾を使った清掃活動など、

しばらく教職員が行っていたことも、徐々に、子どもたちに分担をしていきます

体育館・図工室・音楽室では

体育の時間は、マスクを外し、密になる動きや接触のある                 

運動は避けながら、子どもたちが楽しんで体を動かせるように

工夫しています。

また、図工室では、グループで向き合って

座るのをやめ、教室いっぱいに広がって座り、                     

拡大器を使ったわかりやすい説明を心掛けた授業に取り組んでいます。     

音楽の授業を覗くと、木琴やすず、カスタネット、手持ちの太鼓

(パーランク)など打楽器を、みんなが全身でリズムをとりながら           

楽しそうに演奏していました。

今後も、安全状況を確認しながら進めていきます。                   

7月からの行事について                               

行事の方向性については、間もなくお知らせいたしますが、

詳細については、決まり次第、順次お伝えしていきます。