朝、布団から出るのがいやになる季節がやってきました。でも、子どもたちは元気いっぱい!まだまだ半袖の子どもも多く、思わず「寒くないの!?」ときいてしまいます。市内では10月に早くもインフルエンザ様疾患で学級休業になったところがありました。これから流行が始まります。ご家庭でも体調管理をよろしくお願いします。

 

【訓練しておいてよかった!】

 10月21日に発生した鳥取県中部を震源地とする地震。職員室に置いている教職員の携帯(緊急地震速報)が一斉に鳴り出し、校長室でもかなりの揺れを感じました。すぐに校内放送をしましたが、そのときにはすでに担任の先生の指示に従い、机の下で頭を隠してじっとしていたようです。震源地が大阪から離れていたこと、揺れが収まったこともあり、授業終了後は学年で一斉に下校し途中まで教員も付き添いました。在校中にこのような揺れを経験したことがない子どもたちは驚いたようです。「訓練しておいてよかった!」と口にしていた子もいたとか。大きな地震が続けて起こると、備えは大丈夫だろうか、どこかに不具合はないだろうか不安になってきます。いざというときに少しでも落ち着いて判断・行動ができるように訓練を重ねたいと改めて思いました。

9月には「不審者対応訓練」も行いました。昨年までは放課後の児童がいない時間帯に警察の方に来てもらい教職員だけで行っていましたが、今年は事前にお知らせした上で授業時間中に行いました。不審者役の先生が校舎内を回りました。そのときに出会った者はどのように対応したらよいか、子どもたちと一緒にいる教員はどのように子どもを守ればよいかを訓練しました。

どのような訓練も生かされるようなことが起こらないのが一番ですが、常に万が一に備えたいと思っています。

各ご家庭でも、いざというときにどのように連絡を取り合うのか、どこに避難するのかなど話し合っておいてください。今年度も3月に地域で防災訓練(避難所開設訓練)が行われます。

 

【5年生・6年生 外国語学習】

 今年度、12中学校区(豊南小学校・小曽根小学校・高川小学校)では市より「英語教育コアスクール」事業の指定を受けています。それに伴い、5,6年生では担任の先生とともに、12中の英語の先生(草野先生)に外国語(英語)の指導をしてもらっています。外国語(英語)の時間には教室に先生が2人。時にはそこに外国人英語指導助手(AET)でナイジェリア出身のJerryさんが加わります。授業のほとんどが英語で進みます。先生方はゆっくり話してくださいますが、それでも知らない言葉ばかり。子どもたちは必死で聞き取ろう、なんとか答えようとしています。

 

 

12中校区をきれいに!(「HOT・ホット・ほっと」 H・・豊南 O・・小曽根 T・・高川) 

毎年、11月に12中の体育館を使い行われていました「HOT・ホット・ほっと」が、今年は「クリーン大作戦」に変わりました。20日(日)それぞれの校区のごみを拾い、きれいにしながら12中をめざします。高川校区は10時に高川小運動場に集合です。12中についたら焼きそばとフランクフルトが待っています。 ぜひ多くの参加を!! 

 申し込みは学校へ