ゴールデンウィークが終わりました。新学期が始まって1か月。ちょうど疲れが出始めたところの子どもたちもほっと一息ついたことと思います。

 

【委員会活動が始まりました】  

 今年度の児童会活動が始まりました。役員会と6つの委員会(健康委員会、新聞掲示委員会、図書委員会、美化委員会、放送委員会、レクリエーション委員会)が児童朝会でそれぞれの前期の活動計画を報告しました。役員会は4年生以上の各クラスの学級代表で構成されています。5・6年生は6つの委員会のどこかに所属し、それぞれの委員会で計画した常時活動を行っています。

 

【1年生も給食が始まりました】   

 小学校にも慣れてきた1年生。4月21日からは給食も始まりました。今は全員が給食当番。牛乳・食器・大おかず・小おかず・パン(ごはん)を配膳室まで取りに行く人、配膳台の用意する人、配膳する人、配る人・・・みんなで協力して準備をしています。食べている様子をのぞきに行くと「おいしいよ」「もう、これだけ食べたよ!」「おかわりしたい!」と口々に教えてくれました。食べられる量は一人ひとり違いますし、好き嫌いもあるでしょう。給食はバランスの採れた食事をする時間であるとともに、みんなで食べることによって食の楽しみを知る時間であってほしいと思っています。

 

【休み時間も元気に】

 五月晴れの20分休憩。たくさんの子どもたちが運動場で遊んでいました。クラスを超えてドッジボールをしている子、サッカーを楽しむ子、竹馬に挑戦している子。どっかり山でおにごっこをしている子もいました。「3時間目は体育」という1年生も鉄棒やジャングルジム、ブランコで元気に遊んでいました。

“もう少しでけんかになりそう”という場面も目にしましたが、周りの友だちの声掛けもあり、すぐに気持ちを切り替えて再び遊びに夢中になっていました。けんかをしないで大人になる人はいません。ぶつかり合う中で気持ちを伝えること、相手の思いを聞くこと、時にはぐっと怒りをおさめることを学びます。気持ちの表現の仕方、コミュニケーションのとり方を学校生活の様々な場面で学んでいきます。

 

 

すごい!!

放送委員会の「もうすぐ休み時間が終わります」のアナウンスで一斉に校舎に向かって走り出しました。