【合同作業  ありがとうございました】

 8日(日)朝からたくさんの方に集まっていただき合同作業が行われました。合同作業は、学校の環境をよくしようと、創立当初から続いている行事です。保護者のみなさんや子どもたちばかりではなく、お子さんやお孫さんがずいぶん前に卒業したという地域の方や、施設開放で運動場や体育館を使う団体のみなさんも集まってくださいました。(総勢170名以上の参加がありました)  男性の方には運動場の側溝のふたを上げ、溝にたまった泥や枯葉をすくいだしていただきました。昨日一日降り続いた雨の影響で泥は重たくなっていましたが、何度もどっかり山まで運んでくださいました。子どもたちもスコップを持って泥上げの手伝いをがんばりました。校舎内では女性の方と子どもたちでトイレ掃除。トイレは毎日当番の子どもたちが掃除をしていますが、便器の尿石までは取りきれません。今回洗剤を使って汚れを取っていただき、きれいになりました。HOTファミリーやファニーサッカークラブの子どもたちは、運動場や学校の周りの草引きやゴミ拾いをしてくれました。ありがとうございました。

 

【あんしん あんぜんなまち  たかがわ】 

 合同作業のときに、1月18日の新春親子ふれあいデー(十二中校区健全育成会高川地区委員会主催)で作った看板「あんしん あんぜんな まち たかがわ」「あなたも みはりばん」を南側のフェンスにつけました。子どもたちの塗った楽しい絵も一緒に取り付けています。是非見てください。 

 

【昔の道具 3年生】

 224日、箕面市立郷土資料館に社会見学に行った3年生は、そこで見た道具についてさらに詳しく調べ、今の道具との違いを勉強しました。資料館ではダイヤル式の黒電話、足踏みミシン、洗濯板、白金カイロ、火のし、がんどう、氷を入れる冷蔵庫などなど初めて見る道具ばかりでメモを取るのに必死だったそうです。3年生の教室に行くと、「昔の人」と思われている私はいろいろな質問を受けました。さすがに「見たことないなぁ」というものもありましたが、今の道具についていけない私がちょっと得意気に話のできる時間となりました。3年生は6日の参観で調べたことを発表しました。

 

【高川子どもゆうびん局 2年生】

 郵便局に見学に行き、ジャンボ公園近くのポストで集配の様子を観察した2年生が、1週間限定の高川こども郵便局を開設しました。校内のあちらこちらにポストが置かれ、各教室の前には郵便受けが取り付けられました。1年生から6年生までの全クラスと職員室には郵便番号が割り振られ、1年生と6年生ではがきが往復したり、同じクラスの友だちとの間でいつもとちょっと違うコミュニケーションがとれたり、2年生が作ったはがきが学校中を回りました。2年生は休憩時間になると、赤帽・赤い鞄の集配の係りになったり、特設郵便局の局員になってはがきを仕分けしたり、消印を押したり大忙し。職員室にもたくさんのはがきが届き、先生たちもせっせと返事を書いていました。