校庭の桜のつぼみも膨らみ始めました。パンジーやビオラもきれいに咲き、本格的な春の訪れを感じます。

 17日は天気に恵まれ、とてもいい卒業式を迎えることができました。6年生は一人ひとり決意の言葉を述べ、立派に卒業していきました。

 元気な6年生のいない校舎は、がらんとして寂しいかぎりです。

【6年生を送る会】

 卒業式に出られるのは5年生だけ。そこで、児童会主催で全校生による送る会が行われました。各クラスの代表が持つアーチをくぐって6年生が少しはにかんだ笑顔で登場。この日の主役としてひな壇に座る6年生に1年生から順にメッセージや歌、踊りをプレゼントしました。今までお世話になったことを替え歌や群読にした学年、6年生へのメッセージをミニ応援団になって伝えた学年、励ましの言葉を紙に書いてチア風に表現した学年、ダンスでお祝いの気持ちを表した学年・・・それぞれ趣向を凝らして、今までの感謝と中学校生活への励ましの気持ちを伝えました。お礼に6年生は、卒業式で歌う歌を披露してくれました、児童会からは“児童会の卒業証書”が6年生の代表に渡されました。最後に3学期に入り、全校朝会で練習してきた「ビリーブ」を全員で歌いました。体育館中にきれいな歌声が響き、みんなの気持ちが一つになった時間でした。お別れは全員で作ったアーチを6年生が通って行きました。握手をしたり、ハイタッチをしたり、言葉を交わしたり・・・。その様子を見て、1年生から5年生にとって、6年生は特別な存在なんだと改めて感じました。この会の司会・進行は4年生と5年生の児童会の子どもたち。次の担い手がしっかりがんばりました!

   

6年生のみなさん、卒業おめでとうございます!(16日発行)

 いよいよ、小学校生活も最後の日になりました。今日、南門で登校してくる6年生を迎えながら、「この姿で、登校してくるのももうこれが最後なのだ」と思うとさびしくなりました。

 楽しそうな声、明るい笑顔、優しい心、この1年のみなさんの活躍で、学校は活気のあふれたものになりました。ほんとうにありがとう。明日の卒業式は堂々とした姿勢、堂々とした歌声、堂々とした呼びかけ・・・皆さんのよさを十分に発揮し、心に残るものにしてください。

 いよいよ中学生。クラブも始まります。授業の仕方も変わります。学年の人数も増え、友だち関係も広がるでしょう。新たなステージを気持ちも新たにスタートしてほしいと願っています。

 

1年生から5年生のみなさん、修了おめでとうございます!

 6年生は17日で小学校生活を終わりましたが、1年生から5年生は明日、今の学年を修了します。

1年生は新1年生が入学式のときに、真新しい教科書や算数ボックスを入れるための袋を準備しています。5年生は卒業式を終え、今度は最上級生として出席する入学式の準備を始めました。それぞれの学年が学年仕舞いとともに、新学年への準備を始めています。2週間という短い春休みですが、新学年を気持ち新たにスタートできるように準備してください。

 

 

☆歩道橋の改修工事は春休みも続きます。学校に来るときは、高川小学校前交差点を車に注意して渡りましょう。(春休み中の警備員の配置はありません)

☆3月27日(日)には、第4回高川校区防災訓練が地域自治組織の「ゆめあるまち高川会」主催で行われます。災害弱者と言われる高齢者や子どもも参加できる防災・避難訓練を行います。

(9時から高川小学校。詳しくは、校区内の掲示板のポスターをご覧ください)

☆4月7日(木)は入学式です。在校生、中学生の参列はご遠慮ください。