今週に入り、急に寒くなってきました。豊中市内でもインフルエンザによる学級休業が出始めています。高川小学校では、今のところ急激な広まりはないようです。

 さて、先日お年玉付き年賀はがきの当選番号が発表されました。昨今、携帯電話でのやりとりが増え、年賀状を出すことも、もらうことも少なくなってきたようです。2年生は毎年、地域の独居老人の方に年賀状を書いています。はがきの書き方から練習し、丁寧な字で心をこめて書きました。書いた年賀状はジャンボ公園前のポストに入れに行きました。お返事を書いてくださる方もいて温かいやりとりが生まれました。

 

【地震を想定した避難訓練】 1月20日  

 1月17日、阪神・淡路大震災から21年を迎えました。その朝、私は家族の弁当を作っており、突然の大きな揺れにしゃがみこむのが精一杯でした。目の前の食器棚から滝のように食器が落ちてきたことを昨日のことのように覚えています。もう、このような大地震は起こらないでほしいと願っていましたが、5年前には東日本大震災が起こりました。18日の全校朝会では阪神・淡路大震災の写真を見せながら、「一人ひとりが地震が起きたらどうするかを考えられるようになること。そのためには訓練を真剣にすること。家族がバラバラになっている時に地震が起きた場合を考え、どこに集合するか話し合っておくこと」等を話しました。そのあと、生活指導担当者から地震が起きたときの注意(頭を守る、動きそうなものから離れる、避難するときは、おさない はしらない しゃべらない もどらない)がありました。その上で今年も19日の20分休憩に昨年同様、抜き打ちで避難訓練をしました。運動場に出ている子もいましたが、運動場の真ん中でじっとしゃがんで待っていました。この季節なので教室や廊下にいる子が多かったですが、それぞれの判断で避難してきました。毎年6年生には、防災への関心を高めてもらうために豊中市から非常用保存食のアルファ化米が配られます。(ちなみに今年はわかめごはんでした)

【ゲストティーチャーを迎えて】 1月15日  

 1月15日の校長室はゲストティーチャーでいっぱいでした。外国語体験学習で3年生は中国から来られたチ インさんに中国の位置や文化、中国語の挨拶を教えてもらいました。4年生から6年生は、フィリピン出身の藤堂エルシーさんにフィリピンと日本の関係や文化の違いを英語でそれぞれの学年に応じて教えてもらいました。3年生と4年生は後1回、5年生6年生は後2回、同じ先生に教えてもらいます。

 同じ日、5年生は家庭科の時間に豊中市のくらし館を通して来ていただいたNPO法人C・キッズ・ネットワークの方に「コンビニ食ってどんな食?」というテーマで、バランスのよいメニュー選びを教えてもらいました。コンビニによく売っている品物(絵カード)の中から、金額は考えず1食分として食べたいものを5品選び、その栄養成分をレーダーチャートに記入して栄養バランスを考えました。各自のレーダーチャートを見ながら不足しがちな栄養分を考え、バランスのよい食事をとるためのコツを教えてもらいました。

 どの講師の方にも「真剣に聞いてくれるのでうれしいです」「意欲的でやりがいがあります」「行儀がいいですね」と褒めていただきました。

 

★市の道路維持課より再度連絡があり、高川歩道橋の改修工事開始が25日以降にずれ込む予定とのことです。

 何度も申し訳ありません。