学習発表会が終わり、子どもたちは落ち着いて学校生活を送っています。学習発表会の折には、来賓の方々からは、子どもたちの堂々とした歌声やせりふ回しを褒めていただきました。1年生は、黒鍵を使う鍵盤ハーモニカの曲に挑戦しました。初めての大きな舞台。せりふがみんなに聞こえるように毎朝教室の後ろから黒板に向かって声を出す練習もしていました。2年生は国語で学習した「お手紙」を英語の劇にしました。英語は、カタカナではなく耳で聞いて覚えました。子どもたちの覚えの早さに感心しました。3年生はボディーパーカッションに挑戦しました。つられないように、リズムがくるわないように先生の指揮を一生懸命見ながら手をたたきました。4年生は歌に合わせた振り付けをグループに分かれて自分たちで決めました。大きな声が出るように運動場でせりふの練習をしていました。5年生は「オペラ座の怪人」をはじめ、ミュージカルに挑戦。楽器のオーディションでは、希望がかなわなくて涙を流した子もいたようですが、最後は一人一人が自分の役割を果たしました。行事になると俄然張り切るのが6年生。劇団四季のDVDを見て、自分たちなりの「エルコスの祈り」を作り上げました。衣装や舞台装置もアイデアを出し合い、楽しんで作っていました。心を持つロボット“エルコス”からの「思いやりの心」や「ありがとうの心」のメッセージの意味を卒業まで考えてほしいと思います。

遅くなりましたが、たくさんの方々に参観いただき、ありがとうごいました。

 

【個人懇談会】

 個人懇談会が始まっています。少ない時間ですが、学校と家庭とが子どもの様子を共有し、ともに育ちを考える時間にできればと思います。さて、廊下には様々な作品が展示されています。4年生の図工は山中由美子が産休に入りましたので、代わって安達早紀子が赴任し担当しています。

 

 1年生「あさがおのリース」

 

 

 

 

 

 2年生「まどをひらいて」

 

 

 

 

 3年生「コリントゲーム」

 

 

 

 

 4年生「色版画」

 

 

 

 

 5年生「とても美しい箱」

 

 

 

 

 6年生「自分の姿」