2学期 始業式には 

「まだまだ休みたいなぁ」「後1週間夏休みだといいのに」・・・と言いながら、それでも元気に登校してきた子どもたち。その笑顔からいい夏休みを過ごしてきたことがわかり安心しました。

始業式では、7月の終業式に話すことができなかったことを盛り込んで話をしました。

高川小学校の子どもたちには・・・

 

・わからない問題があると、放課後に学習している姿が見られました。

・掃除の時間、廊下をいっしょうけんめい友だちと協力してきれいにしてくれました。

・自分も疲れているのに、友だちにやさしい言葉をかけている姿が見られました

・困っている人の気持ちがよくわかり、たくさん優しい言葉をかけてくれました。

・ふわふわ言葉をたくさん考えてくれました。クラスのことを一生懸命考える姿がうれしかったです。

・授業中、進んで「静かにしよう!」とみんなに呼びかけている姿はとても頼もしいです。

                   (「のびゆくこども」より)

 

こんないい所がいっぱいです。いえ、まだまだ誉めたいところがたくさんあります。

だからこそ、2学期も

*自分の考えをどんどん伝えてみんなで学びを深めることや、わからないことをそのままにしないで追及する姿勢を大切にしてほしい。

*困っている友だちを気にかける優しさ、周りの友だちのことを考えて行動する姿勢を大切にしてほしい。

と、思っています。気持ちを伝え合いながら、互いの良さを引き出し、力を合わせて一つの物を作り上げていく行事が多い2学期だからこそ、コミュニケーション力を高め、対人スキルを身に付けてほしいと思います。

 

【集団下校訓練をしました】8月25日

 風水害の時に備え、集団下校訓練をしました。それぞれの地区の教室に集合し、災害時の身の守り方の話を聞いた後、地区ごとに下校しました。担当の教員はその地区の一番遠いところまで送り、同じ道を戻ります。もし、家に入れなかったときは、先生と別れた所に戻り、地区担当の教員と学校に帰ることにしています。この機会に家族が災害時に落ち合う場所、連絡の取り方などを話し合ってみてください。集団下校では、平素の通学路と違う道を通ることがあります。昨日、それぞれの帰り方についてのプリントを持ち帰っています。ご確認ください。

 

【敬老の集い】9月20日

 毎年5年生が出演してくれます。今年も、1学期からソーランを練習しています。毎年「元気をもらえる」と楽しみにしてくださっています。出演の他に4~6年生のボランティアも募集しています。車いすを押したり、席に案内したり、お茶を出したり・・・。とても喜ばれています。自分の力を生かす場として多数、参加してほしいと思います。