臨時的な居場所に関するQ&A

質問

回答

どのような場なのですか。

誰が見守るのですが。

・学校の教室等を開放し、児童が過ごせる場を設けます。

・見守り員(指導員ではない市職員)が、見守りを行います。

・学習指導や体験活動はありません。また、個別の育成指導等の対応は行いません。

申込方法は。

 

・臨時的な居場所の利用に係る事前申込等は不要です。

・当日、見守り員による受付を設けていますので、登校時と下校時に確認を受けてください。

送迎は必要ですか。

・保護者等の送迎は特には必要ありません。

・通常の登下校に準じて、登校・下校してください。

・警備員のいる校門からお入りください。

登下校の時間は決まっていますか。

・登下校の時間は特に定めてはいませんが、登校は、8時~9時の間でのご協力をお願いします(7時30分~9時30分までは警備員が校門にいます)。

・下校は、17時までの間であれば、いつでも可能です。

・登校時と下校時は必ず見守り員にお声掛けください。

感染拡大防止の取組みは。

・登校前にご家庭で検温し、発熱、咳等の症状がある場合は、参加をとりやめてください。

・児童に手洗いを呼びかけるなど、感染予防に取り組みます。

給食はありますか。

・給食はありません。必要に応じて昼食をご持参ください。

・昼食は12時~12時45分の間で、各自でとっていただきます。

遊び道具を持って行ってもいいですか。

・遊び道具(ゲーム機等)など、普段、学校に持って行ってはいけないものは、持ち込まないでください。

勉強道具を持って行ってもいいですか。

・学校の課題や自主学習に必要なものは持ち込みできます。

スマートフォン、携帯電話を持って行ってもいいですか。

・学校のルールに準じた扱いとします。

・破損・紛失等の責任は負いません。

5年・6年生は受け入れてもらえないのですか。

・原則として小学4年生までの、保護者の都合によりご家庭での対応ができない場合としています。

・2月28日当初にお送りした保護者あて文書では「小学生」としていましたが、受入れ人数等の事情により変更しております。申し訳ございません。

・小学5,6年生の保護者で医療従事者である場合はご相談ください。

ケガをした時の対応は。

・軽微なケガの場合は、見守り員が応急手当を行います。

・必要に応じて、保護者に連絡します(学校に届け出ている連絡先の情報に基づいて連絡します)。

学校は休校なのに、なぜ放課後こどもクラブや臨時の居場所を開設するのか。

感染拡大するのではないか。

・国の方針にしたがい、対応したものです。

(こども園、放課後こどもクラブは一律休園の対象外となっている。)

・登校前にご家庭で検温し、発熱、咳等の症状がある場合は、参加をとりやめてください。

・児童に手洗いを呼びかけるなど、感染予防に取り組みます。