豊中市教育委員会よりスクールソーシャルワーカー(SSW)を、定期的に派遣していただいています。昨年度に続き、本年度も月4回、毎週木曜日に来校します。

 「スクールカウンセラー(SC)」と「スクールソーシャルワーカー(SSW)」のちがいは、悩みや抱えている問題に対してアプローチの仕方が異なるところにあります。

 

 スクールカウンセラー(SC)

 カウンセリング等、心理的なアプローチで解決に向けて支援します。

  毎週曜日、第十一中学校に来校)

  毎月1回 火曜日、少路小学校に来校) ※2022年度配置

 

 スクールソーシャルワーカー(SSW)

 子どもを取り巻く環境に働きかけて、福祉的アプローチで解決に向け支援します。

  毎週木曜日、本校に来校) 配置されて3年目

 

 スクールソーシャルワーカーは、子どもが学校生活で直面する困難な状況(いじめ・不登校・問題行動など)に対して、最適な環境となるよう、福祉の専門的な知識・技能をもって、教員や保護者とともに考えたり、関係機関等へつないだりします。

 学校は教育の視点で子どもを捉えますが、福祉や心理、医療等それぞれの専門分野の視点から、多面的に、組織的に、そして、効果的に困っている子どもたちを支援していきたいと考えています。

 何かお子さまにかかわって不安なこと、ご心配なことがあれば本校スクールソーシャルワーカーにお気軽にご相談ください。

 相談されたい方は、校長、首席(生活指導担当)、担任までご連絡ください(予約制です)。