1月6日にウサギ小屋を見ると毛布が敷いてあるかごの中で、子ウサギが伸びた状態で目を開けまったく動く気配がありませんでした。近づいても動く気配がなく「もしや?」と思いましたが、触ると驚いたように逃げ回りました。ホッとしたのですが顔をよく見ると鼻の前に大きなできものの様な物がありそれがなんとも苦しそうでした。ネットでいろいろ調べましたが、動物病院に連れて行きました。お医者さんに見てもらったところ「かさぶた」と言われ一安心。薬をいただいたので週末は飼育委員の先生のお家で3日間養生をしていました。今週は学校にいるのですが薬をあげるために外には出さず、もう少しの間校舎内で慣らしてからウサギ小屋に帰そうと思っています。徐々に元気になっていますのでご安心ください。