パラリンピックで有名になった車椅子バスケットですが、本日は車椅子ツインバスケットボールという競技を教えてもらいました。

車椅子バスケットはゴールが二つありますが、ツインはそれに加えて低いゴールが二つあります、手が挙がらない人は低いゴールを狙います。これにより手に障害のある人でも車椅子バスケットに参加できるようになりました。

みんなが、誰もが、出来る競技というのはみんなに優しいし、みんなが楽しめますね。社会もみんなに優しい社会であればいいですね。