澄み切った秋の空、涼しい風が日中の陽射しを冷ましてくれます。陽が暮れるのも早く、秋の夜が長くなってきて少しさびしくなってくる時期ですが、この地域はこれからが、盛り上がる時期です。ちょうちんが飾られ、太鼓の音が鳴り、かけ声が掛かり、秋本番です。
今日4年生は庄内神社の宮司さんから、地名の由来や庄内の歴史などを教えてもらいました。また三和自治会の皆様の協力により太鼓のたたき方を教えてもらいました。色々な場面によってたたき方が変わり奥の深さを知りました。(ちなみに私は坂道の時の音頭が好きです)