6年生のプログラミング学習の様子です。タブレットを使って、プログラミングをするのです。
どんなプログラミングかって?それは、ドローンを飛ばすプログラミングです。うまくプログラミングができていれば、体育館に設置した様々な場所へうまく着陸します。

子どもたちは、うまくいなかいときに、微調整し、たくさんのことを考えます。手で操作する、ラジコンとはちがい、はがゆいところがありますが、論理的な思考を育てる“プログラミング”子どもたちは夢中になっていました。