本葉がでてきました。みなさんご存知かと思いますが、双葉と本葉は形や役割が違います。

双葉は、根や本葉が育つための栄養を蓄えています。本葉が出て、自分で栄養を作れるようになると、双葉はその役目を終えて、枯れ落ちてしまいます。

このような植物を双子葉植物といいます。

ふたつの葉→ふたば→双子葉(そうしよう)といいます。はじめに一つの葉がでるものもあります。そちらは、ひとつの葉→単子葉(たんしよう)で単子葉植物といい、イネやトウモロコシなどが例です。

中学の時に勉強したような…