~一度は自分の力で~

主体的に学ぶためには、“自分で考える時間”

ということが必須という話を聞きました。

自分で考えた、ある程度の「結論」がなければ、

当然、対話的な学びにもつながらないのでしょう。

しかし、難しい課題に手も足もでないときは

どうしたらいいのでしょう。

考えの助けになるような、“ヒント”“見通し”

先生たちは、その工夫を日夜考えています。

先生からではなく、友だち同士で学べるような

授業になればいいなぁと思っています。