3年生の国語の板書

3年生の国語で、伝えるための文しょうを読み比べる学習をしています。

少し見にくい写真ですが、右と左の「朝ごはんをしっかり食べよう」は

伝え方が違います。子どもたちは、共通点や違いを見つけながら、

どちらの方が伝わるかを考えていきます。

答えはありません。考えた結果、根拠をもって「自分はこう思う。」

と主張することが大切なのですね。

そして、自分と違う意見をもつ人の考えを聞いて、違いを

認め合うことが、さらに大切なのですね。

世の中、答えのあることばかりではありません。

自分自身の答えを導きだし、お互いに認め合える人になってくださいね。