2月26日(火)

豊中で助産師さんをされている“上原先生”をお招きし、2年生に「いのちの学習」をしていただきました。

生まれてくるまでのお話や、性の違いのお話を聞き、子どもたちは“じっ”と聞いていました。生まれてくるということは、とてもたいへんなこと。また、とてもすばらしいこと。そして、“愛情”をもって育てられることの大切さを学びました。筆者は少し反省もしました。(#^^#)

だっこしないと泣いてしまう子に、「もーー!」と思うこともありました。でも、大きくなるにつれて、そのだっこがなくなるとさみしいですね。

上原先生、貴重な時間をありがとうございました。