46年ぶりの,日本での皆既日食。(大阪は部分)

 朝から曇天,午前11時諦めかけていたその時,

「あっ,見えるよ!!!!!」

と言う声が運動場から聞こえる。  -えっ!?-  と思いつつ,運動場へ!

なんと,そこには81%欠けた太陽があった。

プールに来ている子,図書館で本を読んでいた子,なかよしの子・・・・。

200人以上子どもたちと教員が歴史的瞬間を目撃!

それが,これだ。

 5分後,また厚い雲に覆われてしまった太陽。

 雲の切れ間から見ることのできた,この天体ショー。神秘的ではなかったが,見た全員の興奮がまだ残っている。次に日本で見ることができるのは,26年後とのこと。 今度は北関東や東北地方で見られるとか・・・。

 今度は,皆既日食をみんなで見たいね!