体育館での活動時の熱中症対策の一つとして、今年度、市から各校にスポットクーラーが3台ずつ配備されました。学校の活動はもちろんですが、放課後や休日に体育館を利用する団体も使用することができます。

 名前は「超大型涼風機 STRONG COOL Ⅹ(ストロングクール 10)」です。強力に冷やしてくれそうです。

  画像左側が体育館の出入り口ですので、かなり大きいものです。3分の1が貯水タンクです。多量の水道水が入っていますが、フル稼働の場合7~8時間で空になります。毎日、教職員が交代で給水しています。

 このスポットクーラーは、タンクから本体内部にあるフィルターに水を含ませ、そのフィルターに大型ファンで風を当てて水分を蒸発させ、冷たい風を送り出す仕組みになっています。「スポットクーラー」ということで市から借りているものですが、仕組みと名前から言うと、これはきっと大型の「冷風扇」ですね。

 

 撮影時、3年生が体育をしていました。

 熱中症対策として、水分補給をする時間を定期的にとることはもちろんです。コロナ対策中ですが、体育の学習では、子どもたちは基本的にマスクを着用しません。また、指導中の学級担任の健康観察は欠かせません。