校内研修会

8月28、29日に研修会が行われました。

人権教育研修会

 箕面市で小学校教諭をされている、宮本誠貴先生にお越しいただき、「学級経営」についてのお話を聞きました。宮本先生の学級の事例をもとにお話してくださいました。

 個々の子ども、学級全体、そしてその学級の中の子どもたちで作る小集団をしっかりと見抜いていくことから始まります。そして、学級で起こった問題を通して、子どもたちをつなげて、よりよい集団を作る。そうあってこそ、すべての子どもが安心して学校生活を過ごしていくことができるのではないでしょうか。

 

特別支援教育研修会

 豊中の施設「ひまわり」の永目先生からお話を聞きました。

 特別支援を必要とする子どもたちの特性や、実際にどのように子どもたちと向き合っていくべきなのか、ということをあらためて学習することができました。

 

教科研修会

 大阪府教育センターの岡本先生にお越しいただきました。国語科の授業作りについて研究を深めました。

 国語科の指導法には様々なものがあります。この研修会では、今までわれわれの先輩方が研究されてきた指導法を、今一度見直し、今後どのような授業を進めていったらよいのかを考えました。特に、「書く力」をつける授業については、先生たちも実際に文章を書きながらそのおもしろさを体験しました。