平和講演会 7月11日(火)

今日は、4・5・6年生の平和講演会でした。

ジャーナリストの西谷文和さんに来ていただき、アフガニスタン・シリアの戦争のお話を聞きました。

アフガニスタンでは35年以上戦争が続いているそうです。

DVD1枚の大きさの地雷が500万個も地面に埋まっているそうです。

地雷は1つ300円という安価で売買、兵器として使用され、その地雷1つを撤去するのに3万円がかかると言う事です。

シリアの紛争の映像を見せてもらいました。銃弾が飛び交う街です。

戦争が終わらないのは、そこに兵器などの利害関係が存在するからだそうです。

戦争に巻き込まれた子どもたちが、ドイツの平和村に行き、治療を受け、リハビリをして元気にもどってくる映像がありました。

兵器には兵器では戦争はなくならない。

平和村で元気になった子どもたちをみて、アフガニスタンの子どもも大人も、その村で活躍するドイツ人医師や日本人医師にこころから感謝をするそうです。