校庭だより15 2/2(木)

なんと、校庭の100年碑の横に、小さな梅の花

とってもよい香りがしていました。う~ん、もうすぐ春

あさっては立春ですね。

梅一輪いちりんほどの暖かさ

松尾芭蕉の弟子、服部嵐雪(はっとりらんせつ)の詠んだ俳句です。