1月17日(火)抜き打ちの避難訓練

1995年、22年前の今日は阪神大震災の日でした。

そして今日、本校では抜き打ちで避難訓練をしました。

20分休みに、普通に過ごしている子どもたちへ、突然の放送。

「今から、避難の訓練をします。大きな地震が起きています。」

運動場で遊んでいた子は遊びをやめて、運動場の真ん中に集まりしゃがみました。

教室にいた子は机にもぐりこんでいました。

続いての放送「地震から給食室で火災が発生、近くの入り口から運動場に出ましょう。運動場に出たら、朝礼の並び方で集合しましょう。」

子どもたちは、20分休みに過ごしていたそれぞれの場所から、自分たちで考えて運動場へ出てきました。

教室から、廊下から、図書館から、音楽室から、ばらばらに集まってきました。

授業中なら担任の先生と一緒に並んで出てくるのですが・・・

ちゃんとしっかり走らないで出てきました。約3分半ぐらいで全員が整列しました。

避難放送と同時に、校舎に子どもたちが残っていないか確認に行った先生たちがもどってきて、

約5分で全員の無事が確認できました。

休み時間の抜き打ち訓練でびっくりした子どもたちもいましたが、しっかり訓練ができました。

えらかったです。