11月1日(火) 脱穀・もみすり体験

10月14日に稲刈りをしてから、天日干しをしていた稲を脱穀しました。

引き続き、「とよなか市民環境会議アジェンダ21」の岸田興次先生に来ていただき

脱穀、もみすりの極意を教えていただきました。

稲をお茶碗で脱穀します。お茶碗でおさえて、稲を茎の方から引っ張るとうまく取れます。

その後、すり鉢に脱穀したもみを入れ、軟式野球ボールでごりごりすると、もみがらと玄米に分かれました。

5年生みんなで一生懸命に作ったお米(玄米)、約1キログラム取れました。

玄米は岸田さんにお願いして、白米にしてもらうことになりました。

家庭科の「ごはんとみそ汁」の実習に時にいただきます。楽しみですね。