修学旅行報告③

9月30日(金)は朝食バイキングをいただいた後、

仙酔島に渡りました。名前の由来は「仙人でも酔ってしまうほど

美しい島だから」と子どもたちが調べていました。

鞆の浦から、『いろは丸』で5分で島に渡れました。

『いろは丸』というのは、坂本龍馬の運用した西洋式の蒸気船だったそうで、

沈没したので、平成になって作られたそうです。

  

仙酔島では、塩づくり、クルージング、砂浜アートをクラスごとに楽しみました。

  

   

   

  

昼食は海を見ながら、鯛めしと漁師汁いただきました。

 

昼食後鞆の浦の宿舎にもどり、バスで大阪に戻ってきました。

全員、けがや病気もなく、元気に帰ってくることができてよかったです。