学校経営方針

学校経営の重点

(1)各種法令等にのっとり、学校教育目標を指針として、生きる力の育成を目指した教育課程の編成・実施・評価及びその改善に努める。

(2)教職員相互の信頼・協力・切磋琢磨の人間関係を基に、創造的な実践を計画的・組織的に展開し、魅力ある学校づくり・よりよい校風の醸成に努める。

(3)生命の尊重・人間尊重に根ざした人権尊重の精神を、すべての教育活動の基底とし、その意識の発揚と実践的態度の育成に努める。

(4)児童の知・徳・体の調和のとれた発達を図り、一人ひとりの資質や能力の伸長をめざし、指導内容・指導方法・評価等の工夫改善を図り生きる力の育成に努める。

(5)「いじめ・不登校」の課題を解決するために、組織体としての機能充実に努めるとともに、教員としての専門性と指導力の向上に努める。

(6)長期的展望をもとに教育環境の整備を図り、施設・設備・教具などを効果的に活用し、学校を魅力ある生活の場となるように努める。

(7)教育効果を高めるため、保護者・地域・関係諸機関との連携を深めるとともに、学校教育自己診断の実施・学校評議委員会の設置等を図り、学校の自主・自律を基に、理解と協力を得て開かれた学校づくりに努める。

(8)個人情報の収集・管理等に万全を期するために、「豊中市立熊野田小学校における個人情報保護に関する規定」及びプライバシーポリシーに基づき、信頼される学校運営に努める。



学習指導及び生活指導の重点

(1)学習指導の重点 【学ぶ喜びをもち、主体的に取り組み集団の中で高まる授業をめざして】

 ①自ら学ぶ力の育成を図るため、内発的学習意欲を高めるとともに、基礎的・基本的な学習内容の確実な定着と思考力・問題解決能力など生きる力の育成に努める。
 ②一人ひとりの特性や能力に応じた「わかる授業」の実践をめざし、指導内容や指導方法の工夫・改善、指導と評価の一体化に努める。
 ③感性豊かで自尊感情の高い子どもの育成にむけ、同和問題・障害児問題をはじめとするあらゆる人権問題に対する意識の深化を図り、全教育活動をとおしての指導に努める。
 ④たくましく豊かな心を育てるために、道徳指導計画・道徳の時間の充実を図り、全教育活動をとおして道徳的実践力の育成に努める。
 ⑤学習環境の整備に努めるとともに、学校図書館・パソコン教室、視聴覚教材・教具、また昨年度導入された校内LANを計画的、効果的に活用し学習指導の活性化に努める。

(2)生徒指導の重点 【学校生活が、一人ひとりにとって有意義であり充実することをめざして】

 ①児童の実態を把握し、教師と児童の信頼関係を基盤に、一人ひとりの児童が生かされる魅力ある学校づくり・魅力ある学級づくりをめざし、生徒指導の充実に努める。
 ②児童理解を深め、自己を見つめ自己を生かそうとする態度を育てるとともに、問題行動の早期発見・早期解決に努める。
 ③基本的生活習慣を身につけ、豊かな人間関係を形成するため、道徳や特別活動との関連を図り、道徳的実践力を培う指導の充実に努める。
 ④「いじめ・不登校」問題の解消をめざし、教育相談委員会や子を知る会の充実を図るとともに研修を深め、児童理解に努める。
 ⑤学校生活のきまりについて共通理解や認識を深め、倫理観・善悪の判断・規範意識の高揚など指導の効果を高めるよう努める。
 ⑥保護者・地域社会・教育関係諸機関との連携を密にして、共に連携し児童の健全育成に努める。


健康管理と指導の重点

【生命の尊さ・健康の大切さを理解し、自らの心身を鍛えることをめざして】

 ①健康で活力に満ちた児童の育成のため、健康指導の充実と継続的な健康教育・食育により、自主的な健康生活の習慣や態度の育成に努める。
 ②健康診断・健康相談などにより疾病・異常等の早期発見に努め、健康上配慮の必要な児童には保護者と連携をとりながらきめ細かな観察と適切な指導に努める。
 ③地域ぐるみの学校安全を図る中で、主体的かつ安全に行動する対応力のある児童の育成に努める。
 ④体育科の授業はもとより、教育活動全般をとおして体力づくりを組織的、計画的に図り、運動に親しむ習慣を身につけた児童の育成に努める。
 ⑤人権尊重・男女共生の観点に立ち、全教育活動をとおして性教育の指導充実に努める。