7月2日 給食って奥が深いですね

5年生が林間学舎に行くので、5年生の給食人数分をPTA試食会に充てていただきました。

服部学校給食センターから、若松センター長、安井栄養士に来ていただき、豊中市の給食の仕組みについて教わりました。

  

服部学校給食センターでは8,000食の給食を調理されています。

北丘小学校の児童の給食は、9:45分ごろに小おかず、10:45分ごろに大おかずが準備され、運んでこられるそうです。

安心・安全な学校給食を子どもたちに提供するため、栄養士さん、調理員さんが奮闘されている様子が、食材の選択や献立の工夫、大きな調理道具、衛生管理などからうかがえます。

お話を聞き、毎日いただく給食への見方が変わりました。あらためて感謝です。

この後、給食の試食をし、こどもたちの給食準備や食べている様子などを参観しました。

今日のメニューは、ごはん・ビビンパ・キムチスープ・牛乳。おいしくいただきました。

こどもたちの人気メニューだそうです。(写真を撮り忘れました。ごめんなさい。)