4月17日 6年生の国語の授業です。

「風切るつばさ」を学習しています。全員がたち、句読点ごとに順番に声を出して読んでいきます。脳が活性化していきます。

友達の読みをていねいに聴き、自分に割り当てられた文を読む。集中力を最大限発揮していました。

   

登場人物は?の問いに各自が考え、ノートに書き込んでいきます。

一人ひとりの学び、全体の学びがあり、だれもが主人公となる授業でした。