1月17日 速報 壁新聞 

 以前にも紹介しましたが、3年生の有志のこどもたちが、1月9日の始業式の日、12月20日に開催した北丘フェスティバルについての壁新聞を作ってきてくれました。いつも通り壁新聞ボードに掲載していました。

17日は10時30分から地震災害避難訓練をおこないました。雨天のため、避難場所は体育館。地震の発生、地震による火災の発生。放送時指示があってから、体育館に集合し全員の安否確認まで4分50秒。体育館でも先生の話をきちんと聞くことのできる北丘の児童です。

 

校長から次のような話をしました。

ふだんの練習がいざというときに大事だということ。

様々な災害で多くの方が命をなくされた。その人たちの思いが詰まったバトンがわたしたちにたくされている。

いつも大人が横にいないね、だから自分の命は自分で守ること。

そのために様々な学習を積むこと。

今やっている様々な学びは、自分の命、ともだちの命、人の命を大事にすることにつながるもの。

命を大事にする社会を君たちには創り続けてほしい・・・と。

訓練が終わり、昼休み。校長室のドアをノック音。ドアを開けると、3年生のこどもたちが避難訓練についての壁新聞を届けに来てくれました。

すてきなこどもたちに囲まれて、胸が熱くなります。