12月12日 ウィル君のお仕事を見せてもらいました

 関西盲導犬協会盲導犬訓練センターの方にお越しいただき、3年生が盲導犬のことを学習しました。

 ラブラドールレトリバーのウィル君6歳のお仕事ぶりを見せてもらいました。

 盲導犬のことを教えていただいている間、ウィル君はずっと寝そべっていましたが、それもお仕事。

 ユーザーさんの動きや指示に合わせて的確にサポートする姿に感心した3年生です。

 盲導犬は触っちゃいけないことは知っていましたが、こどもたちは休み時間になると近くによってしまいます。

 ウィル君は戸惑っている様子でした。ウィル君の集中する気持ちをそぐようなこともしちゃいけないことも教わりました。

 町でユーザーさんと盲導犬に出会ったら、盲導犬の気を引くようなことはしてはダメですが、ユーザーさんが困っておられることにはサポートで きることがあるから、声をかけましょうということも学びました。

 私たちはいろんな個性のある人とともに暮らしている。お互いにサポートしあえる関係でありたいですね。